teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:29/88 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ランギロアのダイビング・レポート

 投稿者:FUKIKOメール  投稿日:2008年11月16日(日)16時34分39秒
  通報 編集済
  いあおらな~、マネジャーのフキコです。
先週は3泊4日でランギロア島にダイビングに行ってまいりました。長く住んでいるくせに、ずっとフレッドと話をしていたくせに、実に7年目にしてはじめてのランギ・ダイブです(^^;。
私は一応PADIのレスキュー持っていまして、本数も70本くらいは潜っておりますが、最終ダイビングから以降ちょっと減量してしまい、自分の体脂肪と浮力の関係が今になっていまいちつかめてないっていうハンデがあって、それが気になってはいましたが、まあ、とにかくやってみようじゃないか、ということで・・・・・。
まず第1日目の午後にバラクーダ・ポイントへ。潜水を始めてすぐにイルカが一匹、すうっと通り過ぎていきました。その後、ドリフトしながらバラクーダの群れ、亀などをエンジョイしながらパスへ入ったところで、噂に高い急流が!イントラが「何かにつかまって待機」のサインを出したのでそれにしたがって珊瑚をつかんだ瞬間、突風のような流れが正面から襲いかかりました。それを何とかやり過ごし、再びドリフトへ。そして最後の最後、そろそろ浮上という時に、どこからとも無く巨大な4匹のイルカがフワっと現れたのです!目の前で、クルクルっと回ってみたり、ヒラヒラ泳いでくれたりの大サービス!ドルフィン・ダイブが初めてだった私には涙ものの大感動ダイビングでした~。
2日目の午前は、ツナ・ポイントでシャーク・フィーディング。流れの比較的静かなところに餌をセットすると、来るわ来るわ、ブラック・チップ、ホワイト・チップ、ど太いシルバー・チップ。そういうのがわらわら集まってきて旋回し始める。いったい何匹いたのかわからないけど、私の目の前まで来たかと思うと、上を通り過ぎていくその迫力!これもまた、ボラボラとは一味違うフィーディングでした。ナポレオンや、きれいなコーラルガーデンもある、比較的ラクなポイントです。
3日目はもう一度バラクーダー・ポイントでイルカにチャレンジ!この日は、もう、ボートがポイント付く前にイルカが飛んでるのが見える!イントラが、「今日はラッキーダイブだぞ!」と興奮状態、もうみんな大急ぎで用意して大急ぎで潜水です。そしたら、その直後に例の4匹のイルカが私達のまわりで遊びまわってる。泳いだり、踊ったり、歌ったり、その様子を珊瑚につかまってうっとりと見ていたら、ふっといなくなってしまった。でも、あの声が聞こえるのです。「ケケケケ~ン」どこにいるんだろう?と振り返ったら、そこに、目の前にあのスマイルフェイスが。後で聞いたら、このイルカは私達6人のダイバーをひとりずつ確認してから行ってしまったのだそうです。なんて、かわいいんでしょう!
その後も、続けてバラクーダ、ギンガメアジの大群(もう魚の壁・壁・壁!)、数匹のナポレオン・・・・とたてつづけにすごいものを見たのですが、あいにく流れは1日目よりきつい。実際、一度など、あっという間に5mほど吹き飛ばされました。風速で言えば25mくらいはあったような・・・。必死でフィンで蹴って、珊瑚につかまることが出来たのでその程度ですみましたが、下手したら流され続けて行方不明になりかねません。珊瑚につかまって、常に流れに向いていないと、マスクを飛ばされる可能性も注意されたし、実際にレギュレーターがブルブル動いて、しっかり噛み締めてないと飛びそうな勢いです。それがある程度落ち着くと、またラクチンにドリフトするのですが、この流れは、本当に曲者ですね。
はっきりいって、中級~上級者でないと、危ないと思います。ドルフィンに会いたい方はぜひ、毎日流れのあるプールで泳いで訓練して、身体を鍛えてから行きましょう!!
3回のダイブで2回イルカに遭遇。しかも内容が濃厚。イントラに言わせると、非常にラッキーなのだそうです。もうこれでクセになりそう(笑)。ファカラバにも素晴らしいドリフトポイントがあるそうですので、次はこれかな?(*^v^*)

http://www.borabora-discovery.com/fukiko_land.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:29/88 《前のページ | 次のページ》
/88