teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ブランスのアノンス

 投稿者:Miya  投稿日:2017年 3月10日(金)12時36分28秒
返信・引用
  フランスのアノンス掲示板です。
http://fra.mixb.net/
ルームメイト募集や賃貸、求人アルバイトや個人売買、イベント情報などたくさんの情報があります。
 
 

【EXPO】【Galerie Hayasaki】【TANNO Seigo】丹野清悟油彩展

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2017年 2月25日(土)17時31分8秒
返信・引用
  【EXPO】【Galerie Hayasaki】【TANNO Seigo】丹野清悟油彩展
http://mabillon.jugem.cc/?eid=23022


La galerie Hayasaki présente l'exposition de

"Seigo Tanno" peinture figuratif


Inlassablement, Seigo Tanno nous fait voyager aux travers des paysages français.
Dans sa peinture, les couleurs sont vives et profondes, les traits sont nerveux et maitrisés.Les personnages s’effacent dans une nature en perpetuel mouvement...



ヴェルニサージ:2017年3月9日18時30分 - 21時
Vernissage Jeudi 9 mars 2017 de 18h00 a 21h00

会期:2017年3月8日 - 3月19日(14時 - 19時)
Exposition du 8 mars au 19 mars 2017 14h00-19h00


http://naoparis.exblog.jp/tags/Galerie%20HAYASAKI/


【Galerie HAYASAKI】

Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS

Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)


http://mabillon.jugem.cc/?eid=23022

 

フランスの童話朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 2月19日(日)22時31分8秒
返信・引用
  フランスの5つの童話物語
 「昔々ある所に青いひげを生やした男がいました…」子供の頃に何度も聞いたり読んだりした童話も、大人になるとなかなか思い出せず、後になって読み返してみて、改めて教
えられたり、気づかされたりする事があります。
童話と言っても子供を狙う人食い鬼や、妻を次々と殺す殺人鬼など、子供向けとは思えない内容に驚かされます。どの作品にも人間のあり方や行いについて道徳的・教訓的要素が多く含まれていて、作者の人間への鋭い観察眼と心理分析も読みどころとなっています。
童話は本来、子供に読み聞かせるために書かれたものですから、ぜひ声に出しまた聞いてみて下さい。物語の世界が一層広が
り、黙読とはまた違った味わいを楽しんで頂ける事と思います。
「美女と野獣」     またフランス文学に親しむ最初のステップになるのではないでしょうか。
弊会で取り上げるのは「美女と野獣」「青ひげ」「長靴をはいたネコ」「親指小僧」「スガンさんのヤギ」の5つです。どうぞお気軽にご参加下さい。

「フランスの5つの童話」朗読会(翻訳物、シャルル・ペロー他著) 第3回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年3月23日(木)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口徒歩約8分(旧区民センター裏)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

(無題)

 投稿者:Oba Maya  投稿日:2017年 1月28日(土)06時53分47秒
返信・引用
  【目的・概要】

大きな目標を持って大成したい事業メンバーを大募集致します。
LPを拡散していただくお仕事になります。

【依頼詳細】

経験は不問ですが、明確なビジョンを持ってビジネスを楽しめる方 ←最重要

資本をかけずともやっていけるリスクヘッジの取られたビジネスモデル。
老若男女、ネットビジネスの経験に関係なくできます。

チームでLPを拡散していくお仕事になります。

世界展開しておりすでに売り上げの立っている事業を日本に広める仕事になります。
スキルや知識不要で教えたことをただ実践していただければ良いだけです。
誰でも出来るよう高度にシステム化したシンプルな作業です。
チームで出来、皆で協力して行うので自分一人が頑張る必要はありません。
※やり方については無料でサポートします。

+++++++++++

インターネット環境: PC、スマホ、タブレット

PC、スマホ知識: 不問

就業時間: 自由

就業場所: 在宅、オフィス、国内・海外と場所を問いません

予定収入: 歩合制ですが、チームを総合的に評価するシステムです※取り組み次第で月収100万以上も可能

スキルや、しっかりと実践して稼げなかった人を見たことがないくらいシンプルで稼ぎやすい仕組みです。
副業でお小遣い稼ぎがしたい方、メインのお仕事としてしっかり収益を上げたい方。
初月でも10万円以上の報酬を獲得出来ました。

【重要視する点・経験】

■やる気のない方、行動力のない方は不可
■ インターネット環境がないとお仕事が出来ません。
■ 経験不要、お仕事のやり方はこちらでサポートします。

【注意点・禁止事項】

最低限ビジネスをする上での礼儀、挨拶の出来ない方はお断りいたします。

【その他】

本業、副業は問いません、現状に満足していない方はぜひご連絡下さい。

国内外でもっと自由な生き方、楽しみむ為の働き方を提案します。

連絡は下記のメールアドレスへお願い致します。
「フランス大好き人間の掲示板を見た」とお伝えください。

Mail: luna81918moon_uniman@yahoo.co.jp
 

【GALERIE HAYASAKI 】Exposition de Keji Yoshizawa

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2017年 1月 4日(水)19時58分17秒
返信・引用
  Du 4 janvier au 8 janvier 2017


毎年、冬の寒い時期はギャラリーハヤサキでは若い作家の個展を開催しています。
今までは主に陶芸だったのですが、2017年は「吉澤敬二絵画展」を開きます。吉澤さんは5年間パリで学び、パリで悩み、パリと格闘し、多くの若者たちが歩んだ道を彼なりに進んで来ました。私もかつて同じ道を歩んだ者として吉澤さんに共感を覚えます。どうか、若い作家の旅立ちにお付き合いください。お待ちしております。早崎佳代子


ベルニサージュ: 2017年1月5日(木)18時~21時
会期:2017年1月4日~8日





火曜日-金曜日 : 14:00 ~ 19:00

土曜日-日曜日 : 14:00 ~ 18h00

休館日月曜日




EXISTENCE - ESPACE - COULEURS

EXPOSITION DE KEIJI YOSHIZAWA
Peinture et dessins du 4 au 8 Janvier 2017

VERNISSAGE LE JEUDI 5 JANVIER 2017 |18h00-21h00

L’artiste est arrive a Paris en 2011. Depuis, les scenes quotidiennes de cette ville ? les ouvriers comme autrefois, les belles couleurs naturelles aux etalages de primeurs, les objets anciens a la brocante et surtout les vieux batiments en nuances de gris subtil ? lui ont toujours donne des inspirations et des emotions, plus qu’il ne l’avait imagine. Pour sa creation, les couleurs et la naivete sont essentielles. Il observe et lis d’abord attentivement la relation entre l’existence de l’objet et l’espace qui l’entoure. Ensuite, il interprete cette relation sur son tableau, en choisissant les couleurs qui lui paraissent les plus adequates et evidentes. Ses tableaux aux divers themes et motifs seront exposes, tous realises avec des techniques tres variees (peinture a l’huile, aquarelle, pastel, encre de Chine, stylo en feutre, crayon et fusain)

【GALERIE HAYASAKI】Village St-Paul
12-14, rue des Jardins Saint-Paul 75004 Paris

Metro : Saint-Paul ou Sully-Morland
Tel : 01 42 71 10 29


www.hayasaki.fr


kayokohayasaki@gmail.com

http://naoparis.exblog.jp/23494260/

 

イギリス治験センター

 投稿者:イギリス治験センター  投稿日:2016年12月28日(水)23時15分4秒
返信・引用
  バックパッカーの方、旅行者歓迎です。
旅費の一部サポートします。
日本語OKのアルバイト。
サプリメントや、風邪薬など。

詳細は登録後、メールマガジンにて配信致します。
その後にご都合の合う案件にご応募頂く形になります。

まずはご登録だけでもいかがでしょうか?

イギリス治験センター
http://british.tiken-center.com/

http://british.tiken-center.com/

 

フランスの童話朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年12月28日(水)14時54分38秒
返信・引用
  フランスの5つの童話物語
 「昔々ある所に青いひげを生やした男がいました…」子供の頃に何度も聞いたり読んだりした童話も、大人になるとなかなか思い出せず、後になって読み返してみて、改めて教
えられたり、気づかされたりする事があります。
童話と言っても子供を狙う人食い鬼や、妻を次々と殺す殺人鬼など、子供向けとは思えない内容に驚かされます。どの作品にも人間のあり方や行いについて道徳的・教訓的要素が多く含まれていて、作者の人間への鋭い観察眼と心理分析も読みどころとなっています。
童話は本来、子供に読み聞かせるために書かれたものですから、ぜひ声に出しまた聞いてみて下さい。物語の世界が一層広がり、黙読とはまた違った味わいを楽しんで頂ける事と思います。またフランス文学に親しむ最初のステップになるのではないでしょうか。
弊会で取り上げるのは「美女と野獣」「青ひげ」「長靴をはいたネコ」「親指小僧」「スガンさんのヤギ」の5つです。どうぞお気軽にご参加下さい。

「フランスの5つの童話」朗読会(翻訳物、シャルル・ペロー他著) 第3回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年3月23日(木)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口徒歩約8分(旧区民センター裏)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

【EXPO】「パリ陶芸教室講師新作展」

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2016年12月 5日(月)21時54分21秒
返信・引用
  【EXPO】 【Galerie HAYASAKI】Les professeurs de Ceramique Paris「パリ陶芸教室講師新作展」


毎年、ギャラリーハヤサキが立錐の余地もないくらい混み合う「パリ陶芸教室講師新作展」のご案内を申し上げます。



パリ陶芸教室は講師8人が毎日奮闘しています。

早崎佳代子


* ベルニサージュ:12月8日(木)18時~21時


*会期:12月8日~18日


*12月10日(土)14時~18時 生徒交流会(ビラージュ・サンポールで地方物産直送マルシェが開かれます)


*12月18日(日)14時~18時 最終日打ち上げパーティ








8 décembre - 18 décembre 2016



Vernissage le jeudi 8 décembre 2016

A partir de 18h00


Ouverture :

Mercredi - Vendredi : 14h00 - 19h00

Samedi - Dimanche : 14h00 - 18h00

Fermé le lundi et le mardi



Anne Gesret
Anne-Claire Martin
Elisabeth Ratier
Jean-Paul Bornier
Kaori Kurihara
Kayoko Hayasaki
Laurence Franceschini
Monica Degain
Shinobu Frot




Kayoko Hayasaki




【Galerie HAYASAKI】

Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS


Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)




http://mabillon.jugem.cc/?eid=22712

 

レ・ミゼラブル朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年11月24日(木)11時05分43秒
返信・引用
  暴動の最中、魂は生死を賭けて
1832年6月5日、号砲と共にパリ民衆のバリケードの上に、政府側軍隊の矢玉が
雨あられと落ちかかりました。かってマリュス青年に父の存在を教えたマブーフ老人は
その年とった腕で赤旗を振り「革命万歳、共和万歳、友愛、平等、そして死!」と叫び、息絶えました。この時期は不作が続いて食糧事情は悪化、物価も上昇し、パリではコレラの蔓延もあり、全ての階級において不満が高まっていました。なにより人民主権を目指す人々からすれば、あの七月革命はオルレアン公ルイ・フィリップの登場によって、中途半端に終わったと見做されていたのです。
英国にいく事になった恋人のコゼットを引き留めるす べのないマリュスは、この六月暴動の渦の中に飛び込み、彼女に宛て自ら自己の死を告げる手紙を書くのでした。
一方、テナルディエの娘エポニーヌはマリュスに恋心を抱き、彼の命を守るために敵の弾丸に身を晒して命を落とします。「ねえマリュスさん、あたしいくらか貴方を慕ってたように思うの。」約束通り、その冷たい額にマリュスはそっと接吻するのでした。

「レ・ミゼラブル朗読会」(翻訳物、ビクトル・ユーゴー著)第5部 ABC(アベセ)の友 第9回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成28年12月15日(木)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口徒歩約8分(区民センター裏手)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。


http://www.gilishya-shinwa.com

 

マリー・マルタンのシャンソン喫茶

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年11月19日(土)14時21分46秒
返信・引用
  マリー・マルタン嬢とシャンソンをご一緒に
シャンソンは人生を歌い、愛の素晴らしさ、またその儚さを歌ってきました。フランス本国はもとより、特に日本で大人の観賞に耐える音楽として共感を得、今なお絶大なファンが全国に定着している現状は、驚嘆に値するものが有ります。
マリーさんによれば戦後シャンソンの黄金期の歌と歌手は今のフランスの若者も知っているが、今の歌はすぐに忘れ去られてしまうそうです。彼女も日本のカラオケでは、心の琴線に触れる昭和の歌が好きで、よく歌うそうです(日本語で!)。
弊会ではこの程、特設会場でシャンソン喫茶の復活を
(マリー・マルタンさん)       試み、スタンダードナンバーからフレンチ・ポップスを主に、現在本国で流行の歌も彼女に歌って頂きます。と同時に皆様にも一緒に歌って頂く曲をご用意し、ゲストを含めた参加者全員の方が楽しく交流して下さるよう願っております。

「フランス人ゲストのシャンソン喫茶」シャンソン・シリーズ(8)
主 催  アストライアの会   協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト  マリー・マルタンさん(シャンソン) アコーディオン 和里(わり)田(た)えり子さん
日 時 平成28年12月11日(日)午後2時から5時 (なるべく事前予約を!)      和里田さん
場 所 グロータス・インターナショナルスクール(池袋駅東口六つ又ロータリー交番の裏ビル4階)
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com

              マリー・マルタンさん紹介
              フランスのエクス・アン・プロヴァンス(南仏)生まれ。
                     リヨン第3大学他、横浜国立大学でも学び、英語、イタリア語、
日本語もマスター。十代の頃からシャンソン歌手として活躍し、
日本の語学学校でお勤めの傍ら、両国で演奏活動を続ける。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

レンタル掲示板
/44