teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【EXPO】Masahiro Watanabe渡部正廣絵画展

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2017年 5月16日(火)16時51分3秒
返信・引用
  渡部正廣絵画展のご案内を申し上げます。

「パリの街の佇まいや建物を光の粒に分解して、その一粒一粒を画布に置いてゆく。
その長い作業と醸造の中から、色や形が現れて渡部の世界が形作られる。
納得行くまで時には2年も3年も街角に画架を立て続ける」
私はそういう渡部さんの絵に、展覧会を重ねる度に、毎回かなりの変化を認める事が出来、白髪が増えても皺が深くなっても、この画家は老いることを知らないと感じます。渡部作品は凛として新生しながら存在し続けることでしょう。

まだ濡れている作品を持ち込むのはいつもの事。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

早崎佳代子

ベルニサージュ: 5月18日(木)18時 - 21時
会期 : 5月18日 - 28日

18 mai - 28 mai 2017

Vernissage le jeudi 18 mai 2017

A partir de 18h00

Ouverture :

Mercredi - Vendredi : 14h00 - 19h00

Samedi - Dimanche : 14h00 - 18h00

Fermé le lundi et le mardi

Debout, aux coins des rues

Regardons.
Il est là, devant ses tableaux.
Il est debout, devant ce qu’il a produit aux coins des rues.

Il était donc là, devant ses toiles.
Il était devant ceux qu’il allait peindre, avant d’être debout devant vous.
Il était ainsi debout, toujours debout, aux coins des rues.

Mais cela nous rappelle deux autres personnages debout aux coins des rues :
manifestants et prostituées.
Les premiers, eux, sont debout la journée. Ils sont là, aux coins des rues, pour s’avancer. Contre le monde et pour le monde. Ils sont debout afin de marcher vers demain. Leur être?debout se lie donc au jour, à la lumière plus forte qu’ils éprouvent aujourd’hui.
Les dernières, elles, sont debout la nuit. Elles sont là, aux coins des rues, pour séduire. Elles sont les descendantes des hétaïres, dont le nom provient de l’Héra, la déesse de la terre. Leur être?debout se lie donc à l’ombre, au fond de laquelle naissent tous les vivants et tous les mortels.

Notre peintre, lui, n’est ni manifestant ni prostituée. Il est peintre, comme vous le savez. Il n’était debout ni pour marcher ni pour séduire. Il était là, aux coins des rues, seulement pour les peindre.

Et pourtant, ses peintures montrent du moins une communication discrète entre le monde et la terre, sinon la fameuse lutte entre les deux. Personne n’est là, dans ses tableaux, aux coins des rues. Il s’agit de la rue même, sur laquelle se trouvent les manifestants et sous laquelle se cachent les prostituées. Ses toiles apparaissent tantôt avec cette lumière que recherchent les hommes, tantôt avec cette ombre qui protège les femmes. Son art nous fait ainsi voir ce que l’artiste ne voit pas lui?même. Mais c’est son être?debout qui produit bien ce qui aura eu lieu aux coins des rues. La mise en œuvre de ce qui n’est pas là nous explique tout ce qui se donne ici.

Voilà la vérité de ses œuvres.
Tout se passe là, aux coins des rues, où était debout notre peintre.
Donc ici, devant ses tableaux, où il est encore debout comme toujours.
Et vous comprendrez tout cela, dès que vous vous y déplacez, avec le sourire.



Kayoko Hayasaki

Galerie Hayasaki
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75 004 Paris, France


http://naoparis.exblog.jp/23875208/

 
 

【EXPO】【Philippe Dubois】 Incertains rivages 「フィリップ・デュボワ展/不確かな

 投稿者:ncpf  投稿日:2017年 4月26日(水)15時35分47秒
返信・引用
  ギャラリーハヤサキではパリ写真月間に合わせて「フィリップ・デュボワ展/不確かな海岸」を開催します。
今回初めてコンピューターで構成した作品を並べることになりました。
私の概念の範囲では、写真というよりグラフィック作品になりますが、写真家でもありグラフィックデザイナーのフィリップさんが、撮影した写真をもとに新しい美を求めて創作されたものです。
皆様のお越しをお待ちしております。
早崎佳代子
ベルニサージュ:4月27日(木)18時~21時
会期:4月26日~5月7日14時~19時


La galerie Hayasaki présente l'exposition de
Philippe Dubois
Incertains rivages


Vernissage Jeudi 27 avril 2017
De 18h00 à 21h00

Exposition du 26 avril au 7 mai 2017
14h00-19h00

Fermé le lundi et le mardi

C’est un voyage à la fois lointain et tout proche, une escapade par la pensée peut-être... Comme dans un rêve.
De ce voyage, je m’en retourne avec quelques images pour vous et des objets collectionnés, comme ces petits cailloux que l’on ramasse sur le bord du chemin, comme les noisettes au pied de l’arbre avec l’être aimé.
Les voici pour preuve que je suis tout de même bien parti.
Mais il n’y a rien de moins sûr que la réalité des choses. Juste là, près de vous, la vie si fragile pourrait se déchirer comme un voile. Où irions-nous alors? Peut-être ici, retrouver ce que nous avons perdu de plus cher, la vérité de nos sentiments si profonds pour la beauté des choses. Justement celles-ci ne sont pas exactement là où nous pensons. Nous saurons les retrouver pour un peu que nous sachions où les chercher.
Et, quoique que nous puissions en penser et en dire, un grand voyage nous attend tous pour aborder d’incertains rivages. Philippe Dubois.




Galerie HAYASAKI
Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS
Tel : 01 42 71 10 29

web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)

http://naoparis.exblog.jp/23840848/

 

(無題)

 投稿者:みずな  投稿日:2017年 4月11日(火)21時58分23秒
返信・引用
  > No.797[元記事へ]

 

パリ、日本語での講演会と映画上映会のお知らせ

 投稿者:bgfparisjapon  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時03分34秒
返信・引用
  講演会と映画会のお知らせ

主催 ブルーノ・グルーニング交友会

■ブルーノ・グルーニングの教えによるスピリチュアルの道における
 救済とヒーリングについてのインフォメーション講演会

日時: 4月23日(日)13:00

インフォメーション講演会の概要
治癒事例を一般的にわかりやすく紹介します。
参加者は講演会中、ご自身でも自然な方法で
治癒エネルギーを感じることが可能です。

・ブルーノ・グルーニングと彼の教えについて
・ブルーノ・グルーニング交友会の概要
・医療科学専門グループ(MWF)の紹介

■ドキュメンタリー映画
「現象 ブルーノ・グルーニング」の上映
(一部、二部の上映、一回の休憩あり)

日時: 4月23日(日)15:00

映画の予告編動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=STrXuVzMc9U

<概要>
1949年の春、数千人もの治癒を求める人々が、ベストファーレン(ドイツ)のヘルフォルドに押し寄せました。この年の秋、哀れな大群、3万人にも及ぶ人々が、毎日ローゼンハイムのトラーバーホーフへと引き寄せられました。その人たちの目的はたったひとつでした、有名な「奇跡のヒーラー」ブルーノ・グルーニング - 彼は当時のマスコミからそう名付けられていました。彼は人々の最後の希望でした。戦争で叩きのめされ、医師から見放され、彼らはそれでもまだ望みを持っていました、健康になること、苦しみと痛みから解放されること……
*********************************************************************************
場所: HÔTEL DAUNOU-OPERA
6, RUE DAUNOU 75002 PARIS
Métro Opéra et Pyramide,
Bus 81, 68, 22, 52, 95,
RER A et E Auber

入場は無料ですがご好意による寄付金の受付をしております。
メール座席予約:filmbgparisjapon@gmail.com (日本語対応)
電話座席予約 :06.31.64.99.75 (フランス語)

◇ブルーノ・グルーニング交友会について

ブルーノ・グルーニング交友会は、現在では、世界のすべての大陸137カ国にコミュニティが存在します。「スピリチュアルの道における救済と治癒」に関して世界最大規模の非営利団体です。
2013年5月には、国連広報局(UNDPI)のNGOであるW.P.P.S.(ワールド・ピース・プレイアーズ・ソサイエティー、アメリカ・ニューヨーク)から、交友会の30年間の活動に対して、平和賞(ピース・ポール)を授与されました。

*ブルーノ・グルーニング交友会  公式ホームページ(日本語)
https://www.bruno-groening.org/ja
*facebook
https://www.facebook.com/BrunoGroeningCircleOfFriends.JP/ (日本語)
https://www.facebook.com/bruno.groening.org/ (フランス語)
* ブルーノ・グルーニング交友会にピースポール賞授賞
http://wpps.jp/news/2013/05/index.html#000416

ブルーノ・グルーニング交友会はスピリチュアルな治癒を検証し記録している世界最大規模の非営利団体です。

https://www.bruno-groening.org/ja

 

(無題)

 投稿者:みずな  投稿日:2017年 4月 4日(火)20時36分29秒
返信・引用 編集済
 

http://

 

【PARIS】【EXPO】 『浅野茂写真展』

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2017年 4月 3日(月)17時57分47秒
返信・引用
  La galerie Hayasaki presente l'exposition photographique de SHIGERU ASANO



Lors d’une promenade nocturne, des lampadaires pleurent sur une ville sombre et nue. Les enseignes de bars jaillissent de la nuit comme des etoiles . Les monuments imposants, tel que Big Ben, Tower Bridge deviennent l’ombre etrange d’un glorieux passe. Un velo fatigue par le temps et les intemperies attend patiemment que l’on s’interesse a lui. Eglises et cathedrales se dessinent dans un brouillard cotonneux. Des cloches resonnent au loin… Et il nous revient en memoire la douce musique de Claude Debussy, ≪La cathedrale engloutie ≫ …


Ferme le lundi et le mardi

Exposition du 29 mars au 9 avril 2017 14h00-19h00

Vernissage Jeudi 30 mars 2017 18h00 a 21h00

http://mabillon.jugem.cc/?eid=23205

 

マリー・アントワネット朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 3月31日(金)19時08分51秒
返信・引用
  ヴェルサイユでのデビュー
遅い、余りにも遅い。王族を乗せた八頭立ての擬装馬車は目立ち過ぎ、また次々と起る予定外の不首尾により、秘密裏にパリを出てから既に20時間が過ぎていた。比べて
噂は矢よりも早く、ここヴァレンヌ、兄の待つオーストリア国境まで約50キロ、二時間もすれば行き着く所を、馬車をそしてマリー・アントワネットを六千の群衆が取り囲んでいた…。後に言うヴァレンヌ逃亡事件である。
オーストリア宮廷より政略結婚で嫁いだマリーは最初からフランスの民衆に憎まれる存在だった訳ではなく、花のように輝く幼い王太子妃は至る所で歓迎された。しかし何よりも退屈を恐れまた常に刺激を求めて、自らのそしてポリニャック夫人などの遊び仲間のために莫大な浪費を重ねるに至る。
しかしこの事件以降、彼女の心は大きな変化を遂げて行く。「不幸に陥って初めて、人は自分が何者であるか、本当に分かるものです」。
―命の最後の、いまわの瞬間に、平凡な人間であるマリー・アントワネットはついに悲劇に相応しい大きさに達し、その運命と同じように偉大となる―同書前文より。
彼女は今も私達の心の中に生き続けています。

「マリー・アントワネット」朗読会(翻訳物、シュテファン・ツヴァイク著)第3回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年6月29日(木)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口徒歩約8分(区民センター裏手)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。歴史背景の解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

ブランスのアノンス

 投稿者:Miya  投稿日:2017年 3月10日(金)12時36分28秒
返信・引用
  フランスのアノンス掲示板です。
http://fra.mixb.net/
ルームメイト募集や賃貸、求人アルバイトや個人売買、イベント情報などたくさんの情報があります。
 

【EXPO】【Galerie Hayasaki】【TANNO Seigo】丹野清悟油彩展

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2017年 2月25日(土)17時31分8秒
返信・引用
  【EXPO】【Galerie Hayasaki】【TANNO Seigo】丹野清悟油彩展
http://mabillon.jugem.cc/?eid=23022


La galerie Hayasaki présente l'exposition de

"Seigo Tanno" peinture figuratif


Inlassablement, Seigo Tanno nous fait voyager aux travers des paysages français.
Dans sa peinture, les couleurs sont vives et profondes, les traits sont nerveux et maitrisés.Les personnages s’effacent dans une nature en perpetuel mouvement...



ヴェルニサージ:2017年3月9日18時30分 - 21時
Vernissage Jeudi 9 mars 2017 de 18h00 a 21h00

会期:2017年3月8日 - 3月19日(14時 - 19時)
Exposition du 8 mars au 19 mars 2017 14h00-19h00


http://naoparis.exblog.jp/tags/Galerie%20HAYASAKI/


【Galerie HAYASAKI】

Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS

Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)


http://mabillon.jugem.cc/?eid=23022

 

フランスの童話朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 2月19日(日)22時31分8秒
返信・引用
  フランスの5つの童話物語
 「昔々ある所に青いひげを生やした男がいました…」子供の頃に何度も聞いたり読んだりした童話も、大人になるとなかなか思い出せず、後になって読み返してみて、改めて教
えられたり、気づかされたりする事があります。
童話と言っても子供を狙う人食い鬼や、妻を次々と殺す殺人鬼など、子供向けとは思えない内容に驚かされます。どの作品にも人間のあり方や行いについて道徳的・教訓的要素が多く含まれていて、作者の人間への鋭い観察眼と心理分析も読みどころとなっています。
童話は本来、子供に読み聞かせるために書かれたものですから、ぜひ声に出しまた聞いてみて下さい。物語の世界が一層広が
り、黙読とはまた違った味わいを楽しんで頂ける事と思います。
「美女と野獣」     またフランス文学に親しむ最初のステップになるのではないでしょうか。
弊会で取り上げるのは「美女と野獣」「青ひげ」「長靴をはいたネコ」「親指小僧」「スガンさんのヤギ」の5つです。どうぞお気軽にご参加下さい。

「フランスの5つの童話」朗読会(翻訳物、シャルル・ペロー他著) 第3回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年3月23日(木)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室 池袋駅東口徒歩約8分(旧区民センター裏)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

レンタル掲示板
/46