teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


4/3(日)、オープンスクールを開催します!

 投稿者:Godimus Michel  投稿日:2016年 2月23日(火)21時07分0秒
返信・引用
  4/3(日)はオープンスクールが開催されます。

何かを新たにスタートしたくなる春。
この機会にフランス語・日本語のレッスンを体験してみませんか。

当日のプログラムは以下の通りです。

■ ミニレッスン

 *フランス語:14:00~14:20 / 16:00~16:20
         (レベル 入門~初級)

 *日本語  :15:00~15:20

  ※無料レッスンです。
  ※予約受付中(当校の授業をまだ体験したことのない方に限らせていただきます)


■フランスマルシェ

  13:00 ~ カフェスペースにて。

  ※フランスのチーズ、ワイン、チョコペースト、フランス菓子のスタンドが出ます。

このオープンスクールは
どなたにも「扉は開いている」(Portes Ouvertesの意味です)催しです。

当日は、カフェもオープンです。ミニレッスンで覚えたフランス語のフレーズを使って注文してみては?!......

ご興味があるお友達がいらしたら、お誘い合わせの上いらしてください。

皆さんにお会いできることをスタッフ一同、心から楽しみにお待ちしています!

http://www.espacelanguetokyo.com/

 
 

【Galerie Hayasaki】Mme.Kayoko HAYASAKI presente sa collection

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2016年 2月22日(月)16時56分50秒
返信・引用 編集済
  パリ陶芸教室を主宰する早崎佳代子が、この10年で集めた陶磁器を展示しています。陶芸教室の生徒を対象にしていますが、ご興味のある方は遠慮なくお越し ください。作品は日仏の陶芸家の先生方に直接お会いして、お話を伺って求めたものです。韓国、チュニジアの作品もあります。これからも陶芸の長い深い世界 を彷徨ってゆきたいと思います。3月末まで


Mme.Kayoko HAYASAKI présente sa collection personnelle de céramique, qu’elle a constitué au cours des 10 dernière années auprès d’artistes avec lesquels elle à echangées des informations sur leurs techniques. Ce sont ces pièces que vous allez voir dans cette présentation.

La collection peut interesser les élèves de l’ "Atelier Céramique Paris" , mais aussi tous les amateurs desireux de connaitre les differents techniques de cuissons,des émaux, afin d’apprecier les beautés de cet art.

Jusqu’ à fin Mars 2016 à la Galerie Hayasaki.



【Galerie Hayasaki】Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS


Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)


「2017年展覧会のお知らせ」
ギャ ラリーハヤサキのあるビラージュ・サンポールが2016年初頭より大工事開始の予定だったため、2017年度の展覧会開催を見合わせておりました。一昨 日、2016年末開始、ギャラリーハヤサキのある建物は2017年10月から6か月間との通知を正式に受け取りました。遅れるのを見越して2017年末ま での展覧会開催の受付を始めますので、ご興味のある方はメールでご連絡ください。
Email :kayokohayasaki@gmail.com

http://www.hayasaki.fr/

 

募集!フランス国内の家電量販店をリストアップするお仕事

 投稿者:ワークシフト  投稿日:2016年 2月13日(土)23時24分32秒
返信・引用
  世界106ヵ国、26,000人以上のフリーランサーが登録する、
日本最大級の日本と海外のビジネスマッチング・プラットフォームを運営するワークシフトの秦(ハタ)と申します。
https://workshift-sol.com

実はただいま、
フランス国内の家電量販店をリストアップするお仕事が出されています。
作業内容はフランス国内の家電量販店に関するいくつかの調査を行っていただくというものです。

詳細はこちら:https://workshift-sol.com/jobs/view/1002

日本企業とのやり取りになりますので、日本語ができる方を探しております。
もしご興味がございます場合は、弊社サイトにご登録いただき仕事に応募していただくか、若しくはこのメッセージにご返信いただければ幸いです。

なお、サイトへの登録や、仕事への応募は全て無料です。
ご検討いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

秦 東樹
ワークシフト・ソリューションズ(株)

https://workshift-sol.com/jobs/view/1002

 

フランス長期滞在 ロングホームステイ

 投稿者:ラ・プロヴォンス  投稿日:2016年 2月 4日(木)13時09分11秒
返信・引用
  ~パリ/ベルサイユ/リヨン/モンプリエ/ナント/ストラスブール/エクサンプロヴァンス ~

30泊から6ヶ月の長期間のホームステイをご希望されている方、おすすめです。
滞在形式により、滞在費が決定します。どの場所に滞在しても料金は変わりません。

パリ、パリ近郊、ベルサイユ、ストラスブール、エクサンプロヴァンスのロングホームステイ?
25ユーロ/泊 部屋代+朝食+キッチンレンタル(夜のみ)
31ユーロ/泊 部屋代+朝食+3夕食/週+キッチンレンタル(その他の夜)?
34ユーロ/泊 部屋代+朝食+5夕食/週??

ベルサイユのロングホームステイで選べる滞在形式は、部屋代+朝食+キッチンレンタル(夕食を自分で調理)のみとなります。?こちらのお宅は、ベルサイユ宮殿のすぐそばで、パリの中心から電車で15分ととても便利で素晴らしいところにあります。

リヨンのフランスロングホームステイ
25ユーロ/泊 部屋代+朝食

ナントのフランスロングホームステイ
25ユーロ/泊 部屋代+朝食+キッチンレンタル(夕食を自分で調理)
31ユーロ/泊 部屋代+朝食+3夕食/週(ファミリーが作ってくれます)+キッチンレンタル(夕食を自分で調理)

モンプリエのフランスロングホームステイ 最長滞在期間は、3ヶ月となります。
25ユーロ/泊 部屋代+朝食+キッチンレンタル(夕食を自分で調理)

詳しくは、ホームページをご覧ください。
http://www.francetaizai.com

メールでのお申し込みが可能です。
laprovenceshinjuku@hotmail.com

http://www.francetaizai.com

 

レ・ミゼラブル朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2016年 1月 7日(木)15時21分29秒
返信・引用
  ベンチで語らう老人と美しい娘
パリジャンに人気のリュクサンブール公園。当時は今より落ち着いた風情で、池も遊び場もなかったので、そぞろ歩く恋人たちや静かに読書をしようという学生たちに好ま
れていました。コゼットはここで青年マリウスと運命の出会いをする事になります。いつも同じベンチに座っているジャン・バルジャンとコゼット。マリウスは何度か通りかかるうちに、その度に美しくなるコゼットに惹かれ、コゼットもそんなマリウスに気付くのでした。
運命のいたずらか、マリウスは父を通じて、あの居酒屋の悪党、テナルディエとも因縁が有り、そのテナルディエは居酒屋ワーテルローを食い詰め、家族と共にパリに来ていて、まだ「ひばり」と呼んでいるコゼットを誘拐し、更に高く売りつけようと目論んでいます。そして忍び寄るジャベル警部の陰…。
作者ユーゴーの若き日の分身とも言われるマリウスは、最後に七月革命の後の六月暴動のバリケードに身を投じて行きます。コゼットと青年の純粋な愛の行く末はどうなって行くのでしょうか。

「レ・ミゼラブル朗読会」(翻訳物、ビクトル・ユーゴー著)第4部マリウス 第11回
主 催 アストライアの会  協力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成28年3月28日(月)午後2時から5時
会 場 豊島区民センター第八会議室 池袋駅東口徒歩約10分(旧豊島区役所近く)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。



http://www.gilishya-shinwa.com

 

パリを案内頂く

 投稿者:観光案内パリ  投稿日:2016年 1月 7日(木)07時14分41秒
返信・引用
  こんにちは

2016年ごろから日本人のためにガイドをしたいと思っています.
パリで安心な旅行をしたい日本人が僕に商談してください.
僕のサイトはパリ観光案内
http://paris-kankou-annai.besaba.com/
https://www.facebook.com/kankouparis.annai
日本人客さんがよく言ってくれたのは
パリの道をちゃんと勉強しなさいよ「笑い」
でも三年間経ったのに勉強する時間はありませんでした.
だからパリの知りのは同じぐらいで日本語の級は下がったと思っています
でもね
楽しく一緒にパリで迷いましょう「笑い」
どうですか

通訳の以来も聞かせて下さい

では
よろしくおねがいします

オリビエ

http://paris-kankou-annai.besaba.com/

 

レ・ミゼラブル朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2015年12月18日(金)11時26分16秒
返信・引用
  ベンチで語らう老人と美しい娘
パリジャンに人気のリュクサンブール公園。当時は今より落ち着いた風情で、池も遊び場もなかったので、そぞろ歩く恋人たちや静かに読書をしようという学生たちに好ま
れていました。コゼットはここで青年マリウスと運命の出会いをする事になります。いつも同じベンチに座っているジャン・バルジャンとコゼット。マリウスは何度か通りかかるうちに、その度に美しくなるコゼットに惹かれ、コゼットもそんなマリウスに気付くのでした。
運命のいたずらか、マリウスは父を通じて、あの居酒屋の悪党、テナルディエとも因縁が有り、そのテナルディエは居酒屋ワーテルローを食い詰め、家族と共にパリに来ていて、まだ「ひばり」と呼んでいるコゼットを誘拐し、更に高く売りつけようと目論んでいます。そして忍び寄るジャベル警部の陰…。
作者ユーゴーの若き日の分身とも言われるマリウスは、最後に七月革命の後の六月暴動のバリケードに身を投じて行きます。コゼットと青年の純粋な愛の行く末はどうなって行くのでしょうか。

「レ・ミゼラブル朗読会」(翻訳物、ビクトル・ユーゴー著)第4部マリウス 第10回
主 催 アストライアの会  協力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成28年2月17日(水)午後2時から5時
会 場 豊島区民センター第一会議室 池袋駅東口徒歩約10分(旧豊島区役所近く)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

【Exposition de ceramique】【Galerie Hayasaki】陶芸教室講師陣7人の作品展

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2015年12月 8日(火)21時09分3秒
返信・引用 編集済
  皆様、

パリ同時テロで一時騒然としたパリの街は、いつもの賑わいの中、 民族大イベント「ノエル」 に向かってあわただしくなってきました。

2015年最後の展覧会は、 恒例の陶芸教室講師陣7人の作品展です。

早崎の作品はブルゴーニュの家の庭土を掘りだして成型した壺です 。

今年10月のラ・ボルヌの「大薪窯火祭り」の際、ルシアン・ プティさんの穴窯で7日間、最終1300度で焼き締めました。

このお祭りは、ラ・ ボルヌの陶芸家たちが15の薪窯で一斉に焼成するもので、 来年も開かれます。


フランスの土を使って、 フランス人による焼き締めに挑戦しました。

ベルニサージュ:12月10日(木)18-21時

会期:10日~20日


皆様もお越しをお待ちしております。

早崎佳代子



Exposition de céramique

10 décembre - 20 décembre 2015

Vernissage le jeudi 10 décembre 2015

A partir de 18h00

Ouverture :

Mercredi - Vendredi : 14h00 - 19h00

Samedi - Dimanche : 14h00 - 18h00

Fermé le lundi et le mardi

Anne Gesret
Anne-Claire Martin
Elisabeth Ratier
Jean-Paul Bornier
Kaori Kurihara
Kayoko Hayasaki
Shinobu Frot


A l’occasion des 10 ans de Céramique Paris,nous avons le plaisir de vous convier à l’exposition des professeurs.

Kayoko Hayasaki



【Galerie Hayasaki】Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS


Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)


「2017年展覧会のお知らせ」
ギャ ラリーハヤサキのあるビラージュ・サンポールが2016年初頭より大工事開始の予定だったため、2017年度の展覧会開催を見合わせておりました。一昨 日、2016年末開始、ギャラリーハヤサキのある建物は2017年10月から6か月間との通知を正式に受け取りました。遅れるのを見越して2017年末ま での展覧会開催の受付を始めますので、ご興味のある方はメールでご連絡ください。

Email :kayokohayasaki@gmail.com

http://naoparis.seesaa.net/article/430886465.html

 

レ・ミゼラブル朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2015年12月 2日(水)14時34分51秒
返信・引用
  ベンチで語らう老人と美しい娘
パリジャンに人気のリュクサンブール公園。当時は今より落ち着いた風情で、池も遊び場もなかったので、そぞろ歩く恋人たちや静かに読書をしようという学生たちに好ま
れていました。コゼットはここで青年マリウスと運命の出会いをする事になります。いつも同じベンチに座っているジャン・バルジャンとコゼット。マリウスは何度か通りかかるうちに、その度に美しくなるコゼットに惹かれ、コゼットもそんなマリウスに気付くのでした。
運命のいたずらか、マリウスは父を通じて、あの居酒屋の悪党、テナルディエとも因縁が有り、そのテナルディエは居酒屋ワーテルローを食い詰め、家族と共にパリに来ていて、まだ「ひばり」と呼んでいるコゼットを誘拐し、更に高く売りつけようと目論んでいます。そして忍び寄るジャベル警部の陰…。
作者ユーゴーの若き日の分身とも言われるマリウスは、最後に七月革命の後の六月暴動のバリケードに身を投じて行きます。コゼットと青年の純粋な愛の行く末はどうなって行くのでしょうか。

「レ・ミゼラブル朗読会」(翻訳物、ビクトル・ユーゴー著)第4部マリウス 第9回
主 催 アストライアの会  協力 au bon cafe
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成28年1月10日(日)午後2時から5時
会 場 豊島区民センター第8会議室 池袋駅東口徒歩約10分(旧豊島区役所近く)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。一行だけ仏文解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

【エキスポ】「風景の魔術、絹の世界」展

 投稿者:ncpfrance  投稿日:2015年11月 3日(火)16時17分31秒
返信・引用
  【EXPO】【Magie des paysages, un monde en soie】「風景の魔術、絹の世界」展2015 10月29日 - 2015年11月8日



秋色もいよいよ華やかに深まる中、「風景の魔術、絹の世界」展のご案内を申し上げます。
蘇った「辻が花」を現代に伝える若い作家福村健さん、
絹糸を草木で染め上げて手織る足立真実さん、
友禅染老舗「高橋徳」に飛び込んで、その技を学んだフランス・デマルキさんの作品をご覧いただきます。


ベルニサージュ : 10月28日(水)18~21時


会期 : 10月29日~11月8日(月火曜日休み)



笹川財団より図録が進呈されます。

早崎佳代子


Vernissage Mercredi 28 octobre 2015
De 18h00 à 21h00

Exposition du 29 octobre au 8 novembre 2015
14h00-19h00



Galerie HAYASAKI
Village Saint Paul
12-14 rue des Jardins Saint Paul
75004 PARIS
Tel : 01 42 71 10 29
web : www.hayasaki.fr
Email :kayokohayasaki@gmail.com
Metro : Saint Paul (ligne 1)
Sully morland (ligne 7)

http://naoparis.exblog.jp/21769626/

 

レンタル掲示板
/46