teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今日は何の日

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 8月20日(土)00時59分29秒
返信・引用
  ○交通信号の日,三色信号設置の日
1931(昭和6)年、銀座の尾張町交差点(現在の銀座4丁目交差点)・京橋交差点などに、日本初の3色灯の自動信号機が設置されました。



○NHK創立記念日
1926(大正15)年、社団法人日本放送協会(NHK)が設立されました。



○蚊の日
1897(明治30)年、イギリスの細菌学者ロナルド・ロスが、羽斑蚊[はまだらか]類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見しました。


 
 

今日は何の日

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 7月 5日(火)18時43分1秒
返信・引用
  梨の日

那須の日

アメリカ独立記念日



西園寺公経の船、宋から帰還(1242)


アメリカ、英国からの自由と独立を宣言(1776)


英オックスフォード大学の数学教師チャールズ・ドジソンが、友人

アリス・リデルのために作った「不思議の国のアリス」出版(1862)


露国軍艦一艘、北蝦夷地久寿内へ渡来。男女100余人が上陸駐屯(1865)


フィリピン共和国成立(1946)


初の経済白書、社会党片山内閣により発表(1947)


第一回プロ野球オールスター・ゲーム(1951)


破壊活動防止法、成立(1952)

 

半夏生(はんげしょう

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 7月 4日(月)00時04分14秒
返信・引用
  半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生えるころ(ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになるころとも)。

七十二候の一つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。

農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終え、この日から5日間は休みとする地方もある。この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。また三重県の熊野地方や志摩地方の沿岸部などでは、ハンゲという妖怪が徘徊するとされ、この時期に農作業を行うことに対する戒めともなっている[1]。

 

ポピー

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月29日(日)17時46分36秒
返信・引用
  ポピー
ケシ科(けしか、Papaveraceae)は双子葉植物に属する科でケシ、ヒナゲシ、ハナビシソウなどを含む。大部分草本で一部は低木。葉は複葉または切れ込みのある単葉。花は放射相称、がくは2または4枚、花弁は4・6・8枚、またさらに多数のもの、あるいは全くないもの(タケニグサ)もある。雄蘂は多数がらせん状に付くものが多い。子房は2ないし多数の心皮からなり、放射状の柱頭が直接子房に乗る。果実は蒴果。多くは乳液(白~赤色)を含む。麻薬原料のケシを初めとして各種アルカロイドを含み、有毒の種も多い。23属200種ほどからなる。日本にはタケニグサ、クサノオウ、ヤマブキソウ、リシリヒナゲシなどが自生し、ナガミヒナゲシ、アツミゲシなどが帰化している。
 

アヤメとカキツバタ

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月26日(木)19時25分21秒
返信・引用
  花期:春

 “菖蒲”と書いて「アヤメ」と読ませるのが普通ですが,そのまま「ショウブ」と読んでしまうと混乱します。「ショウブ(菖蒲)」はサトイモ科で,端午の節句の菖蒲湯に使われますが,花は全く違います。
 まだまだややこしいのは,ハナショウブ(花菖蒲)とアヤメとカキツバタ(杜若)の区別です。
 アヤメには花(外花被片:垂れ下がる方)の付け根に黄色と紫の虎斑模様(これが文目です)があります。

 

イチゴ

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月24日(火)23時49分54秒
返信・引用
  イチゴ(苺、莓、Fragaria)はバラ科の多年草。果実が食用となる。

甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性の植物であるので野菜として扱われることもある[1]。

 

ド・アイリス

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月22日(日)21時53分21秒
返信・引用
  ジャーマンアイリスと呼ばれているものは、
根茎が発達し,外花被片にひげ状の突起のあるビアディッド・アイリスのうち高さ70cm以上の高性のものの通称.
英米ではトール・ビアディッド・アイリスと呼ばれ,欧米で広く庭植えされ,最も改良の進んだ花である。

 

北関東自動車道は、

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月21日(土)21時02分35秒
返信・引用
  北関東自動車道は、群馬、栃木、茨城3県の主要都市及び常陸那珂港などを結び、さらに中部横断自動車道と一体となって都心から100~150km圏を環状に連結する関東大環状の一部を構成する、延長約150kmの国土開発幹線自動車道です。北関東~太平洋間の交流がスムーズになり、産業や文化の交流の大動脈として北関東地域の発展を進めるとともに、東北自動車道、関越自動車道、常磐自動車道と接続するため首都圏、北陸地方、東北地方の交流  

カラーとは

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月20日(金)21時17分3秒
返信・引用
  カラーとは
 南アフリカに8種が分布する球根植物です。以前はサトイモ科カラー属に分類されていたのでこの名前があります。栽培上園芸では、湿地でよく育つ「湿地性」と、乾燥した土地を好む「畑地性」に2タイプに分けられます。地下茎が肥大して球根を作ります。球根の形は種により異なり、細長い地下茎や円形の塊茎があります。
 葉は楕円形、矢じり型、ハート型などがあり、白い斑点が入ることが多いです。主な開花期は春~初夏、紙をくるりと巻いたような漏斗状の花が特徴的です。この部分は苞(ほう)と呼ばれる葉が変化したものです。花の本体は中心にある棒状の部分で肉穂(にくすい)と言います。苞の色は白、ピンク、オレンジ、黄、紫などがあります。
 庭植え、鉢植え、切り花など用途の広い植物です。属名のザンテデスキアはイタリアの植物学者ザンテデスキに由来します。カラーの仲間は和名でオランダカイウ、モモイロカイウいったように、「カイウ」という言葉がつきますが、漢字では「海芋」と書きます
 

ギシギシは

 投稿者:佐野  投稿日:2011年 5月16日(月)20時59分15秒
返信・引用
  ギシギシは北海道から沖縄、朝鮮に分布する多年生草本。スイバよりも大型になるので、夏草との競争にも強く、路傍や堤防法面等の他、河原や放牧地などにも生育する。やや湿った場所で優勢となる。内花被片の縁には小さな鋸歯があり、この点がナガバギシギシとの区別点である。
 和名であるギシギシの意味はよくわからないとのことであるが、花穂は種子が稔るとギシギシという音が出そうな質感がある。果実は緑色から褐色になる。
 

レンタル掲示板
/78