teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


愛媛のぺタンク団体の人間性について(続き)

 投稿者:椎名琴音  投稿日:2015年 6月17日(水)10時52分2秒
  しかも、この女性は、ことあるごとに、周りの人間に「あれは男だ」と吹聴しています。
練習中も、わたしに聞こえるように様々な誹謗中傷を行います。
練習場の主催者は、わたしが性同一性障害だと言うと、「差別はしない」と言いましたが、その人も、周りの人間たちも、この女性の発言をたしなめるどころか、同調しています。
ちなみに、ぺタンクの集まりの人間関係は最悪です。
わたしは、知り合いには、絶対ぺタンクを勧めません。むしろ、してはダメと言っています。
それにしても、これは、愛媛のぺタンク団体だけのことでしょうか?
それとも、日本のぺタンク全体の姿勢なのでしょうか?
 
 

愛媛のぺタンク団体の人間性について

 投稿者:椎名琴音  投稿日:2015年 6月17日(水)10時50分39秒
  ぺタンクを始めた頃、わたしは、お洒落して出来るのが素敵だなと思い、好きになりました。
わたしはいつもスカートをはいてします。
ところが、愛媛のぺタンク協会では、「スポーツに適した服装」という文言で、スカートはやめてくれと言ってきました。
わたしが、「フランスでは、スカートをはいてしているらしいですよ」と言ったら、ある女性は、「それは女でしょ。あんたは男」と、わたしがトランスジェンダーであると知った上で、このように発言しました。
さらに、「チンコ付いてたら、男」といい放ちました。
これは名誉毀損にあたります。
 

改めてご挨拶

 投稿者:あいづの金さん  投稿日:2009年 3月 9日(月)19時01分8秒
  21年度より、日本ペタンク協会に加盟することになりました。いままでに増して良いお付き合いをさせていただきますようお願いします。

 あいづオープンをごあんないしまします。このあと8月23日のあづまオープン(兼東北オープン)を福島市で開催します。詳しくは後日。

 先日 雪の中で折ってきて家の中で加温しておいた梅がやっと花開きました。
 

お待たせしました。春ですよ!

 投稿者:すずめの宿六  投稿日:2007年 3月26日(月)22時34分30秒
  第4回東北オープンペタンク大会 (兼仙台地域ペタンク交流大会)

東北オープンペタンク大会は、東北地区のペタンク競技の愛好者及び本大会開催の趣旨に賛同する日本国内のペタンク競技愛好者が一堂に会して行う大会です。

1.主 催 第4回東北オープンペタンク大会実行委員会
2.主 管  仙台市ペタンク協会
3.期 日  平成19年5月13日(日)〈小雨決行〉
                 8:15 受付 8:45 競技 8:30 開会式 15:30 表彰式
4.会 場  宮城県多賀城市 中央公園多目的広場
                   (多賀城市市川地内 東北歴史博物館北西側)
     (交 通) JR東北本線国府多賀城駅下車、徒歩5分
           (東北自動車道仙台泉ICより車で15分)
5.競技方法 トリプルス戦(1チーム3人・男女混合可)
6.募集チーム数  64チームとし、その数に達し次第締め切らさせて頂きます。
7.参加料  1チーム 3,000円〈傷害保険料を含む〉
8.実施上の規則及び試合方法等
             国際競技規則(FIPJP-国際ペタンク・プロヴァンサル連盟)を準用します。
             競技は、予選リーグ戦とトーナメント戦とします。
9.表 彰  上位入賞者にメダルと副賞を授与します。
10.申込方法  参加申込書により郵送又はFAX送信で、平成19年4月30日(月)までに必        着するよう、次の申込先に送付願います。(締切日厳守)
11.申 込 〒024-0092 岩手県北上市新穀町二丁目4番60号  長谷清臣方
            東北オープンペタンク大会事務局
            TEL・FAX: 0197-63-2530 E-mail:hase@kitakami.ne.jp
12.弁 当   600円
13.宿 泊  下記のホテルをご紹介致します。宿泊ご希望の方は直接お申込み下さい。          サンホテル多賀城(食事なし5,800円~)
         TEL:022-362-3131(FAX3132)
14.問い合わせ 〒982-0012 仙台市太白区長町南1丁目7-38 牧生朗方
    (仙台) 仙台市ペタンク協会
       TEL・FAX:022-246-1959 E-mail:sen_peta@yahoo.co.jp
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:あいづの金さん  投稿日:2007年 1月 6日(土)15時14分59秒
  皆様明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

昨年の後半 このブログの更新が出来ず大変失礼いたしました。
技術の部分だけで更新し続けることは正直困難を極めます。過去の記述を反復して読んでいただき、不足を補っていただけたら。と思います。

本年もよろしくおねがいします。
 

いやぁ、マイッタ!

 投稿者:すずめの宿六  投稿日:2006年 9月11日(月)11時32分32秒
  1チーム5人編成で選手をローティションしながら、ダブルスとトリプルス戦をやり、
決戦に「ポワンテ戦」や「ティール戦」を取り入れ、趣向を凝らした「第16回北上市長杯」の決勝戦も半ば、
突然、雷が走り横殴りの大雨! グランドは一瞬にして大河となって激しく流れた。
手の打よう無し。ずぶ濡れの中「じゃんけん」で賞品を分けた。「勝っていたのになぁ・・・!?」
こんな経験初めて。精進が悪いのかなぁ・・・
 

山通りの皆、元気かな!

 投稿者:すずめの宿六  投稿日:2006年 9月 4日(月)14時33分54秒
  東北は、もう秋の気配。秋の次には冬が来る。
慌ててペタンクやらないと、あっと言う間に雪が降る。
毎週大会、忙しい! 冬眠前に楽しまないと損するぞ!
 

時間制限

 投稿者:すずめの宿六  投稿日:2006年 7月17日(月)14時56分32秒
  「彩の国こうなん」様、大会参加有難うございました。あいにくの天候で運営に支障が出、ご迷惑をお掛けしましたが、皆さんのご協力で何とか無事終了する事ができましたこと、お礼申し上げます。

さて、「ペタンク競技」は、先に決められた点数を得る事で勝敗を決するとあります。
本来、試合時間に制限を設けることは有り得ない事なのです。

しかし、参加チーム数が多い場合においては「時間制」を採用しなければ、大会のスムーズな運営が出来ないのが現実です。

何故なら、ナイター設備の整った会場の確保は出来るのでしょうか?
又、二日間も会場を独占して借用する事が可能なのでしょうか?
最も肝心な事は、参加の方達にどれだけの自由になる時間が取れるのでしょうか(特に、現役として仕事を持っている方)?

これらを鑑みると「時間制」の意義があると思います。

大会開催に当たり、私達は常に競技の本来あるべき姿に忠実に、と、参加者の喜ぶ運営を心掛けているつもりです。
時間制を取る事で得られるメリットを活かし、デメリットを埋める算段を考えています。

一つの手段として有効なのは、試合数を多くする事です。1ブロックのチーム数を6とか8とかにし、リーグ戦の数を増やす。これにより時間制によるフロックを無くす。
「完全順位確定戦」はご存知でしょうか? 参加チーム全てが、優勝チームと同数の試合をこなすやり方です。
又先日は、敗者に対して「おまけトーナメント戦」を行いました。

この様に、試合数を多くすることで、技術の習得や交流の深まりも期待できます。

都会では夜遅くまで交通機関が動いていますが、地方では其れはありません。又、高齢の方達にとっての車での移動は負担が大きいものです。
ある時間を過ぎると、宿泊を余儀なくされます。下手をすると二泊になりかねない。
これは参加者の歓迎するところではないでしょう。

大会別に、其の目的とするところを考えれば、自ずから、時間制を取るか、取らないかは選別できると思います。一概に時間制は「いけない!」では、余りにも現実的ではないと思います。これは、単に日本協会のみの問題としてではなく、大会管理運営する者全てが考慮すべき事であろうと思います。

私達のこの大会開催の目標の一つは「団体の垣根を越えた交流」です。あなた達の参加は、この目的に沿ったもので感謝しております。又お出で下さい。私達は何時でも歓迎します。
 

お世話になりました

 投稿者:江南きじ丸メール  投稿日:2006年 7月17日(月)04時41分7秒
  第3回東北オープンに埼玉から参加した、「彩の国こうなん」の「江南きじ丸」です。到着したときは、激しい雷雨でどうなることかと思いましたが、中断もありましたが、大会運営も滞りなく行われたので、午後晴れて、とてもいい大会になりましたね。私どもも東北遠征は初めて、たくさんのエキップが東北全県から来ていて、大変頼もしく思いました。ほとんどが日本ペタンク協会の方で、45分の時間制限などは、そういう関係であるのかなあと思いましたが、こんなにたくさんの県に同じペタンクを愛好する人たちがいるなんて、頼もしくうれしく思いました。団体の垣根を越えた、オープン大会を、次の大会でもやってください。また、参加できることを楽しみにしています。
 次回は、ベスト8でなくその上のメダルを目指して頑張ります。大会主催のお骨を折ってくださった皆様、楽しいひとときをありがとうございました。
 

遠方より友来る有り!

 投稿者:すずめの宿六  投稿日:2006年 7月16日(日)08時26分54秒
  荒天の中で始まった大会も、
参加のペタンカーの協力により無事終える事が出来ました。
地元福島の方々には大変お世話になりました。
そして、千葉・埼玉からの参加、有難うございました。

昨夜は余韻を楽しみながらの「酒」…美味かった! 感謝!
 

レンタル掲示板
/3